イッテQでも評判、バターコーヒーの効果!ダイエットにもいいってホント?

2015年くらいに一時期話題になった、バターコーヒー。海外のセレブやハリウッドスターを中心に大流行したダイエット法です。つい最近、イッテQを見ていた際に、イモトの南極大陸挑戦の予告VTRの中でバターコーヒーが話題になっていたのでちょっと調べてみました。

バターコーヒーとは?

バターコーヒーとは、その名の通りコーヒーにバターを入れたもののことをいいます。
コーヒーはなんでもよく、自分はインスタントコーヒーを使っています。大事なのはバターの種類。
通常市販されている単なるバターだとだめです!使うのは「グラスフェッドバター」であることが重要です。

グラスフェッドバターとは、塩分濃度が3%程度のバターのことを言い、通常のバターより低い塩分量になります。
※グラスフェッドとは肉牛・乳牛を牧草だけで育てることです。脂の少ない赤身の肉になることから”肉”を食べたい人に好まれているようです。

グラスフェッドバターを購入したい方は下記より

バイオ・グラスフェッドバター (有塩) 250g

業務用5kg フォンテラ社グラスフェッドバター

グラスフェッドバターは高いですね…自宅で作ると洗い物も増えて面倒だったりします。
最近だとファミリーマートから商品化されているので、バターコーヒーを試してみたい方はぜひ。

バターコーヒーってダイエットに効果的なの?

そもそもバター自体カロリーが高いものです。どう考えても太りそうですよね…
ただ、良質な無塩バターを使うことで、それに含まれる不飽和脂肪酸が効果を発揮するようです。

不飽和脂肪酸はエネルギーとして消費されやすく、摂取されても脂質として体内に蓄積されにくい性質を持っています。このエネルギーを消費することで、消化・循環器官の働きを正常にし新陳代謝の向上や脳や各身体の働きを良好にしてくれます。

バターコーヒーダイエットとは

置き換えダイエットのようなもので、朝食代わりにバターコーヒーを飲みます。バターコーヒーだけだとお腹減るんじゃ…と思ったのですが、意外とお昼まで空腹感なくいけます。
バターに含まれる良質な脂質が空腹感を抑え、コーヒーに含まれるカフェインが血糖値を適度に上げてくれるので、そこまでお腹減った…とはなりません。ある意味、毎日がプチ断食(いわゆるファスティング)状態とでもいいましょうか…
人間の身体は断食状態になると、蓄積している脂肪を使用しエネルギーに変えていきます。また、カフェインにも脂肪分解作用がありますので、ファスティングを促進していく形となります。
そのため、他でたくさん食べすぎなければ!!!身体を痩せやすい方向に仕向けることができるというわけです。

もちろん、朝食以外の食事には注意を払う必要がありますが、バターコーヒーのカロリー自体にも注意しなければなりません。
そもそもバター自体は生乳の油分で作られるものですので、ほぼ100%は脂質になります。
脂質は1g=9kcalになるため、20gとか入れていると、それだけでご飯1杯分くらいはカロリーを摂取している事になります。
バターの使用量は10g程度にするのが良いでしょう。

 

バターコーヒーダイエットの効果

 

1.朝から元気に行動できる

朝ごはんをバターコーヒーにすることで、一日の始めから元気に行動することができます。

実際、自分の弟は朝からご飯を食べるのがしんどいようで、少し無理して食べていたようです。
ただ、バターコーヒーにすることで、無理なくエネルギーを摂取でき、お昼まで空腹感もなく過ごせるため、仕事が捗るようになったそうです。ダイエット以外の観点でも効果がありそうですね。

2.抗酸化作用によるアンチエイジング効果

抗酸化作用、つまり身体で生み出されるサビ(活性酸素)を抑える作用があります。細胞にダメージを与える活性酸素を抑えることで皮膚組織が活性化され、肌の免疫力を向上させます。それが肌荒れやニキビ、シミ等の予防なるのです。

3.適度な油分の摂取による肌トラブル改善

ダイエットを本気で取り組んでいる人は、得てして脂質の摂取が極端に減少しています。そのため、乾燥肌などの肌トラブルに悩まされることが多いです。バターコーヒーに含まれる適度で良質な油分が肌に潤いや艶を与えてくれるため、肌トラブルの改善につながるとも言われています。

 

バターコーヒーの作り方

ダイエットにも効果がありそうなバターコーヒーですが、どうやって作るのでしょうか?
今回は色々と調べた結果、これが王道だろうというものを紹介します。
※私も実践しています。

ベーシックなパターン

 

<材料>

コーヒー(インスタントでOK):適量
お湯:200ml
グラスフェッドバター:10g
MCTオイル(ココナッツオイル):大さじ1〜2杯

<作り方>

コーヒーを淹れ、その中にグラスフェッドバターとMCTオイルを入れます。
ミキサーへ材料を投下、30秒ほど混ぜれば完成です。

※いちいちミキサーが面倒な人、自分はこんなの使っています。

※ちなみにYoutubeでも紹介されています。ちょっとバターの量が多いですが…

 

まとめ

バターコーヒーダイエットは置き換えダイエットの一種になります。バランスのよい食事を摂ることがダイエットの基本になるため、そこは意識しつつ、ちょっと気分を変えるために取り組んでみてもいいかもしれません。特に、朝ごはんが全く食べれない方にはおすすめです!夜食べる分200kcalくらいを削減して、朝のバターコーヒーを導入してみると身体も活発になり、良い日々が過ごせるのではないでしょうか?

関連記事

  1. スロートレーニングってダイエットに向いてる?そのやり方と効果について

  2. 手軽にできるアイソメトリックトレーニング!ダイエットにおすすめなの?

  3. 筋肉が1㎏増えたら基礎代謝はどのくらい上がるの?意外と知らない基礎代謝について

  4. 最初にとる食事は重要?「セカンドミール効果」ってなんだ…?

  5. 意外と食べてる!?ダイエットに向かない食材とは?

  6. 褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞って何?痩せるには褐色脂肪細胞が重要だった!

  7. 消費カロリーの多い運動とは?いろんな運動の消費カロリーを紹介!

  8. 噂のインナーマッスル。ダイエットには効果的なの?

LINEでダイエットの質問をした方はお友達登録してください!
友だち追加
PAGE TOP